葉酸の効果って妊娠中以外でも必要なの?【人の体に必要な栄養素・葉酸】

疑問 葉酸サプリ
愛理
愛理

葉酸って妊娠しているとき以外も必要なのかな?

 

アドバイザー
アドバイザー

葉酸は生きて行く上で必要な栄養素ですよ。

でも、バランスの摂れた食事に気をつけていれば、過剰な葉酸不足におちいることはありません。

だから、妊娠している以外はサプリメントでの補給は必要ありません。

 

葉酸の効果は妊娠しているとき以外でも必要

出典:エレビット

 

葉酸は妊娠しているとき以外でも240μg必要な栄養素。

それは人が身体の機能を維持するために、必要な量になります。

食品中にも葉酸は含まれているので、肉や魚、海藻を食べるように気をつけていれば容易に摂取できる量になります。

だから、人は生きていけるわけです。

 

でも妊娠中は赤ちゃんに必要な葉酸摂取量もママが摂ってあげなければなりません。

そうなると、通常240μgに加えて、+400μgを摂らなければならなくなります。

でも、葉酸のために食事の量を増やせるわけではなく、葉酸を含んでいる食品ばかり食べていると、他の栄養素が不足する可能性もあります。

だから、妊娠中や授乳期には葉酸を+αで摂ってあげなければいけなくなります。

葉酸を摂るために食事の量を増やすことは難しいので、サプリメントを活用しましょう、という話なんです。

 

乳児用粉ミルクにも葉酸は配合されている

人は成長する過程では細胞分裂が激しく起ります。

成長しきった大人であれば、身長も体重も増減することがないことがむしろ理想的ですが、赤ちゃんや子供は身長や体重が増加することが理想的です。

葉酸は細胞が増えるときに必要になる栄養素。

とくに赤ちゃんの成長は著しいので、とくに葉酸という栄養素は必要になってきます。

だからこそ、授乳期にのママにも摂って欲しい栄養素になりますし、乳児用粉ミルクにも葉酸が配合されています。

 

授乳期の葉酸摂取必要量は

240μg(通常摂取必要量)+100μg(授乳期摂取必要量)

授乳期でも葉酸は+α必要になってくるので、サプリメントなどの配合量から計算して、+100μg程度摂れるように調整してあげましょう。

 

まとめ

葉酸を吸収できる量は人それぞれ。

日本人の約7割は遺伝的に葉酸の吸収が悪い遺伝子を持っていることがわかっています。

ですから、葉酸の吸収量が低い人はかかりつけの医師に相談してみてください。

今では簡単にネットから「葉酸遺伝子」を検査することができるので、こういった検査を受けることも大切なことになります。

葉酸はいつまでとればいい?【妊活から授乳期まで必要です】
妊娠に葉酸サプリが推奨されるわけを日本人の遺伝子型から説明しています。葉酸以外にも妊娠中に不足しがちな栄養素についてもご紹介。妊活から妊娠後期まで、必要な栄養素を摂れる葉酸サプリメントを紹介しています。

 

タイトルとURLをコピーしました